公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p6653

ニュース

2018年7月24日

働き方 後世に残る成果

佐々木さんも決意 三浦氏、国政報告会 
横浜市で山口代表

あいさつする山口代表(中)と佐々木さん(左)、三浦氏=23日 横浜市

公明党の山口那津男代表は23日夕、横浜市で開かれた三浦信祐参院議員の国政報告会に出席し、あいさつした。佐々木さやか参院議員(参院選予定候補=神奈川選挙区)も出席した。

席上、山口代表は働き方改革が焦点となった通常国会を振り返り「後世に残る重要な成果を出すことができた」と強調。成立した働き方改革関連法については「罰則を付けて時間外労働に上限規制を設けたことが一番大事なことだ」と指摘し、過労死を招く長時間労働がまかり通っている現実を変えていくと訴えた。

また、三浦氏については「問題の急所をつかみ、論戦を通じて、実りをもたらしていく人だ」と力説した。

佐々木さんは来年の参院選に向けて、「一人一人が輝く社会を築いていく」と決意を述べた。

会合には藤木幸夫・横浜港運協会会長ら多くの来賓が出席した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア