公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p6523

ニュース

2018年7月21日

内閣不信任案を否決

伊藤氏が反対討論 説得力欠く内容

反対討論する伊藤氏=20日
衆院本会議場

衆院は20日午後の本会議で、立憲、国民、共産など野党6会派が共同提出した内閣不信任決議案を自民、公明の与党両党と維新などの反対多数で否決した。
採決に先立つ反対討論で公明党の伊藤渉氏は、野党6会派が決議案の提出理由として、西日本豪雨への対応や経済政策などを挙げたことに対し、「政府は人命最優先で適時適切な対応に努め、スピード感を持った対応により被災者へのきめ細かな支援に全力を挙げてきた」と指摘。また、経済政策についても、雇用情勢の改善など日本経済が上向いているのは「成果を見れば一目瞭然だ」と力説した。
その上で、「いずれの理由も説得力を欠き、審議遅延のためだけの大義なき決議だ」と糾弾した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア