公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p61750

ニュース

2020年3月25日

新型コロナ 医療体制の構築急務

患者増に備え調整本部新設へ 
都議会予算特委で松葉議員

24日の東京都議会予算特別委員会で、公明党の松葉多美子議員が締めくくり総括質疑を行った。

松葉議員は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けた東京五輪・パラリンピックの日程延期などの検討に関し、その結論にかかわらず、都民への「影響を最小限に抑える取り組みが必要だ」と訴えた。

また、同ウイルスの検査体制確保について、患者の増加に備えて民間検査機関と連携し、「必要な人が速やかに検査を受けられるよう、都が調整を進めるべきだ」と主張した。

内藤淳福祉保健局長は、日本衛生検査所協会を通じて、各検査機関に「働き掛けていく」と述べた。

さらに松葉議員は、爆発的な感染拡大が発生した場合に備え、「大事なことは、重症化した感染者の命を救う医療体制を構築しておくことだ」と指摘し、現状をただした。

小池百合子知事は、感染拡大を見据えて患者の重症度に応じた病床の確保を進めていることを説明し、多くの患者が発生した場合に受け入れなどを円滑に進めるため、専門家らで構成する「調整本部を新たに設置する」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア