公明党トップ / ニュース / p61362

ニュース

2020年3月24日

経済対策 前例ない規模で

深刻な影響へ迅速に対応 
政府・与党協議会 

大型の経済対策の策定に取り組む方針を確認した政府・与党協議会=23日 国会内

政府と自民、公明の与党両党は23日昼、国会内で協議会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響が深刻化している現状を踏まえ、前例のない規模で大型の経済対策を策定していくことを確認した。

席上、公明党の斉藤鉄夫幹事長は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、イベントの自粛や観光客、所得の減少など国民に不安が広がっていることから「まずは経済の“出血”を止める対策と、その後の“体力”(景気)を盛り返す対策の2段階が必要であり、迅速性が求められる」と指摘。その上で、政府・与党が検討を進める新たな経済対策の取りまとめへ「前例のない規模で国民に安心感を持ってもらえるように取り組みたい」と強調した。

自民党の二階俊博幹事長も「経済対策はこれまでにない規模で策定し、(現下の厳しい状況を)乗り切りたい」と述べた。

西村明宏官房副長官は、経済対策の策定に向けて政府として専門家などから実体経済への影響に関する集中ヒアリングを実施していると報告した上で、「必要な経済・財政政策に、しっかり取り組んでいきたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア