公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p6133

ニュース

2018年7月15日

被災者励まし、要望聞く

斉藤、山本氏

浸水被害を受けた住民を激励する斉藤(右から2人目)、山本(右隣)両氏=14日 広島・三原市

斉藤本部長と山本ひろし事務局次長(参院議員)は、広島県三原市と福山市を訪れ、被災状況を調査するとともに、自宅や会社が河川の氾濫や土砂崩れで被害を受けた住民らを励ました。地元の県議、市議が同行した。

このうち、近くの川が氾濫して一帯が浸水し、死者も出た三原市本郷町船木では、復旧作業に当たる住民を相次いで激励。住民は、「猛暑が続く中での断水は辛く、早く解消してほしい」「乾いた土砂の粉じんや異臭に苦しんでいる」「生活再建の見通しが立たない」など心境を吐露した。

一方、福山市では、裏山が崩れ、土砂が押し寄せた山野町の住民宅などを訪問。同宅に高齢の母親を残している男性は、「いつ再び土砂崩れが起こるか分からず不安だ」とし、崩落を防止する措置や、土砂の撤去について支援を訴えた。

斉藤本部長は、「国、県、市の各議員で連携し、早期の復旧・復興へ全力で取り組む」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア