公明党トップ / ニュース / p58843

ニュース

2020年3月19日

校庭開放「積極的に促す」

高瀬氏に文科省

高瀬氏=18日 参院文科委

文教科学委員会で高瀬弘美氏は、同ウイルスの感染拡大に伴う臨時休校措置について、子どもの通う学校が休校になった保護者約1万人を対象にした認定NPO法人「フローレンス」のアンケート結果を踏まえ、「一番の困り事は子どもの運動不足だ」と指摘。運動不足の解消に向け、学校の校庭開放を進めていく必要性を訴えた。

文部科学省側は、学校の設置者に対し、大人数を密集させないなど感染拡大防止に配慮することを前提に「これまでより積極的に、校庭の開放をお願いしていく」と答弁した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア