公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p5858

ニュース

2018年7月11日

依存症防止へ相談窓口充実せよ

熊野氏

熊野氏=10日 参院内閣委

参院内閣委員会は10日、カジノを含む統合型リゾート(IR)整備法案について審議し、公明党の熊野正士氏が質問に立った。

熊野氏は、カジノによるギャンブル依存症対策について、「最も有効なのは早期の対応だ」と指摘。そのためには、「相談窓口を充実させる必要がある。カジノ施設内だけでなく、24時間体制の電話相談窓口を設置すべきだ」と訴えた。

政府IR整備推進本部の中川真事務局次長は、公営競技で電話相談窓口の設置が進んでいる現状に触れ、「国内外の最新の知見を踏まえ、今後検討していきたい」と答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア