公明党トップ / ニュース / p58329

ニュース

2020年3月15日

新型コロナ 地域経済に影響広がる

対策の提言へ 
愛媛・西予市で石田政調会長 
市長、ホテル経営者の声聴く

ホテル経営者から新型コロナウイルスの影響を聞く石田氏(右端)ら=14日 愛媛・西予市

公明党の石田祝稔政務調査会長は14日、愛媛県西予市を訪れ、新型コロナウイルスによる感染拡大の影響で、観光やホテル業界など地域経済が苦境に立たされている現状を関係者から聞いた。二宮一朗市議(市議選予定候補)らが同行した。

管家一夫市長は、「生花店など、この3月を乗り越えることができない中小・零細企業が多い。早急な財政的支援をしてほしい」と求めた。

また、同市三瓶町で「HOTELみかめ本館」を経営する朝井秀幸代表取締役は、「この1カ月間で宿泊客などのキャンセルが241人に上っている。歓送迎会などのシーズンだが、宴会がほとんど中止になり、売り上げは約400万円以上減る見込み」と肩を落とし、一刻も早い事態の収束と観光業界への支援を要望した。

石田氏は「できることはすべて実行する決意で取り組みたい。現場で苦労する話を踏まえ、今月中に党としての経済対策を取りまとめ、政府に提言したい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア