公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p5823

ニュース

2018年7月11日

避難者の健康 最優先で

山口代表 インフラ復旧 早急に

記者会見で見解を述べる山口代表=10日 国会内

公明党の山口那津男代表は10日午前、国会内で記者会見し、西日本を中心に各地で甚大な被害を出している「平成30年7月豪雨」への対応について、避難者が多数に上っていることを踏まえ、政府に対し「まず熱中症対策など避難者、救助者の健康維持ができるよう、きめ細かな配慮をしてもらいたい」と訴えた。

山口代表は、水道や電気などのライフラインに加え、鉄道、道路など交通インフラにも多大な被害が出ていることから、「広範囲な被害の回復に向けて、あらゆる対応を迅速に取るべきだ」と強調。公明党の対応としては、「地方議員と連携し、自治体、政府の活動をバックアップしていく」と述べた上で、自身も今週中に被災地を訪れ、被害状況の調査や被災者の激励を行いたいと語った。

自治体への財政支援に関しては、「当面は今年度予算の予備費で対応することが必要であり、予備費で足らざる部分も含めて政府は財政的にバックアップすべきだ」と指摘。災害救助法や激甚災害の指定、被災者生活再建支援法の対象者の確定、決壊した堤防の復旧などに必要な費用の見積もりに応じた支援をすべきだとの考えを示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア