公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p5816

ニュース

2018年7月11日

公明、各地で被害状況把握に努める

西日本豪雨 救助活動続く

西日本を中心に降り続いた記録的な大雨の被害は10日も拡大し、死者は12府県で149人となった。安否不明は依然、6府県で59人おり、被災地では警察や消防、自衛隊が捜索・救助活動を続けた。広島県では10日午前、同県府中町を流れる榎川に流木が堆積して氾濫し、町が周辺の約1万世帯、約2万5000人に避難指示を出した。岡山県では、広い範囲で浸水が起きた倉敷市真備町地区で新たに18人の死亡が確認され、同地区の死者は46人になった。

公明党は豪雨災害で被災した各府県で、引き続き被害状況の把握に奔走。住民らから早期のインフラ復旧などで要望を聞いた。

【京都府】

家屋の後片付けに追われる高野川流域地区の住民を励ます竹内氏(手前左)=9日 京都・舞鶴市家屋の後片付けに追われる高野川流域地区の住民を励ます竹内氏(手前左)=9日 京都・舞鶴市

公明党の竹内譲衆院議員は9日、土砂崩れや浸水が相次いだ府北部の市町へ。舞鶴、宮津、綾部、福知山の各市長から、内水氾濫を防ぐ排水機場や治山ダム、災害時に迂回できる道路の整備などの要望を受けた竹内氏は、「予算確保に努める」と応じた。

また竹内氏は、被害の大きかった地域を視察。家屋に泥水が流れ込んだ舞鶴市の高野川周辺では、後片付けに追われる住民を激励。宮津市の滝馬地区などでも住民を見舞った。

【高知県】

被災者から支援の要望などを聞く野々下市議(右)=10日 高知・宿毛市

野々下昌文宿毛市議は10日、同市内と大月町内で西日本豪雨の被災者宅を訪問し、被害状況や支援の要望などを聞いた。

宿毛市野地では、岡﨑次男さん宅の横を流れる笹川の増水で護岸が崩落。上部の防護壁も倒壊し、地面にひび割れが発生した。野々下議員は、「一日も早く安心して生活できるように、できる限りの支援を急ぎたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア