公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p5747

ニュース

2018年7月10日

西日本豪雨 広範囲に甚大な被害

公明、復旧と被災者支援に全力

記録的な豪雨により、西日本の広範囲で甚大な被害が拡大した。各地の公明党議員は被災現場に急行し、状況の調査や被災者支援に奔走した。

渡月橋の下を流れる桂川で一部冠水した左岸の被害状況を聞く山本さん(右端)ら=8日 京都市右京区

【京都府】公明党の山本かなえ参院議員らは8日、京都市右京区の嵐山地区を訪れ、豪雨で一時、氾濫危険水位に達した桂川の渡月橋付近を視察した。

一行に対し、市関係者は、5年前の台風での氾濫後、井堰撤去など桂川の改修工事が進んでいる一方、景観保全のため堤防の低い箇所は残されており、今回、一部の道路が冠水したと説明。外国人旅行者への避難情報の提供についても意見交換した。

視察後、山本さんは「防災対策の未完箇所の整備を急ぐ」と強調した。

民家につながる一本道の崩落状況を視察する杉(中央)、石川氏(右隣)ら=8日 大阪・能勢町

【大阪府】公明党の石川博崇と杉ひさたけの両参院議員らは8日、国道173号や民家につながる一本道が崩落した能勢町を視察。被害状況を確認し、近隣住民を見舞った。同町では、川の氾濫で農作物にも被害が出ている。

一本道の先に住む人は「安心して早く家に戻りたい」と切羽詰まった感情をあらわに。杉氏は視察後、「一日も早い復旧に向け、全力を尽くす」と語った。

土砂崩れに民家が巻き込まれた現場で市担当者から説明を聞く濱村氏(左から3人目)ら=8日 兵庫・宍粟市

【兵庫県】公明党の濱村進衆院議員は8日、記録的な豪雨で犠牲者が出た宍粟市を訪れ、担当者から被害状況を聞いた。北条泰嗣、天野文夫の両県議らが同行した。

一行は、同市波賀町谷の住宅裏山で土砂崩れが発生した現場を調査。近所の女性は「以前も同じような土砂崩れが起きた。怖くて眠れない」と声を震わせた。

視察後、濱村氏は「住民の安全対策を早急に進めていく」と話した。

小田川の決壊により冠水した真備町の現場を視察する谷合氏(右から3人目)ら=8日 岡山・倉敷市

【岡山県】公明党の谷合正明参院議員と党岡山県本部の県議、市議らは8日、大規模な浸水被害が発生した倉敷市真備町の被災現場を視察。同町では、小田川などの堤防が決壊。住宅街に水が流入し、全面積の約3割が冠水した。一時、1000人以上が建物などに取り残され、自衛隊や消防などによる救出活動が続いた。

また、一行は住宅地などが冠水した岡山市東区、中区や浸水被害が出た総社市下原に駆け付け、調査活動を行った。

谷合氏は「国、県、市が連携し、被災者の迅速な支援に取り組んでいく」と話した。

山が崩れ大量の土砂と倒木が流れ込んできた被災現場を視察する桝屋氏(右)ら=8日 山口・岩国市

【山口県】公明党の桝屋敬悟衆院議員は8日、死者2人を出した岩国市に入り、上岡康彦県議、河合伸治市議と被災現場へ急行した。

桝屋氏らは、同市周東町獺越で土砂が崩れた現場を視察。続いて同町内で浸水被害に遭った地域を回り、被災者を見舞った。被災者らは「大量のごみの処理が大変」などと頭を抱えていた。さらに、浸水した特別養護老人ホームも訪れ、職員らを激励した。

桝屋氏は「集中的に復旧を進め、一日も早く日常生活を取り戻せるよう全力を尽くす」と語った。

県道の崩落現場を視察する(左から)米田、池脇、西森の各議員=9日 高知・安芸市

【高知県】公明党の池脇純一、西森雅和の両県議と米田佐代子・安芸市議は9日、県道安芸物部線が崩落した安芸市僧津の現場を視察。県の担当者から被害状況などを聞いた。

安芸川沿いを走るこの道路は、堤防の役割も果たしているが、大雨による増水で延長約170メートルにわたって崩落。決壊を防ぐ応急処置が行われ、復旧を急いでいる。池脇県議らは、「復旧支援を後押ししていく」と語っていた。

大雨による被害状況について話を聞く(手前右から)吉田、濱地氏ら=9日 福岡・久留米市

【福岡県】公明党の濱地雅一衆院議員と吉田宣弘党九州団体渉外局長(前衆院議員)は9日、久留米市城島町を訪れ、大雨による被害状況について関係者から話を聞いた。これには、地元議員も同行した。

同市では、道路の冠水や住宅の浸水、河川の氾濫など深刻な被害が発生した。濱地氏は視察後、「未然に災害を防ぐための対策を進めていく」と語った。

床上浸水した住宅で被害状況を確認する高瀬さん(左から3人目)ら=8日 福岡・飯塚市

一方、公明党の高瀬弘美参院議員は8日、豪雨被害に見舞われた飯塚市を訪れ、被害状況を視察した。県議、市議らが同行した。

高瀬さんらは、道路が陥没した国道201号筑豊緑地前交差点で国土交通省の担当者から説明を受けたほか、浸水被害を受けた住宅で住民らを激励した。高瀬さんは「地方議員と連携し、復旧を進めていく」と語っていた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア