公明党トップ / ニュース / p57036

ニュース

2020年3月8日

新型肺炎 暮らし、経済守り抜く

佐藤(英)、大口氏 北海道、静岡で影響調査

【北海道】

西山組合長(左端)から話を聞く佐藤(英)氏(右隣)ら=7日 北海道知内町

公明党の佐藤英道衆院議員は7日、北海道知内町を訪れ、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が農林水産業に及ぼす影響について関係者から話を聞いた。志賀谷隆道議と、なりさわ五郎町議(町議選予定候補)が同行した。

上磯郡漁業協同組合の西山武雄代表理事組合長は、旬を迎えた特産のカキについて、「大消費地である都市部の外食産業が振るわず、出荷量が減り、単価も安い」と窮状を訴えた。

佐藤氏は「しっかりと支援していく」と語った。

【静岡】

宇佐美会長(右端)から休校の影響を聞く大口氏(左から3人目)ら=7日 静岡・富士市

一斉休校による放課後児童クラブへの影響を調べるため、公明党静岡県本部の大口善徳県代表(衆院議員)は7日、同県富士市の「富士見台児童クラブ」を訪れ、運営委員会の宇佐美弘会長から実情を聞いた。早川育子県議、地元市議が同行した。

宇佐美会長は、自宅待機でクラブに来ない登録者に利用料割引などを行っていると説明。一方で「児童の健康面で迷った際にどうすればいいか心配」と話した。大口氏は「現場の意見を国に届ける」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア