公明党トップ / ニュース / p54151

ニュース

2020年2月26日

新型肺炎 政府、基本方針を決定

流行抑制へ総合対策 
外出自粛で協力要請 
風邪症状 自宅療養が原則

政府は25日、新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長=安倍晋三首相)の会議を首相官邸で開き、対策の基本方針を取りまとめた。拡大防止に向け、地域における感染者クラスター(集団)への対応に重点を置くことが柱。患者が大幅に増えた場合は、一般医療機関で患者を受け入れ、軽症の人は自宅療養とすることも決めた。

拡大時、一般医療機関も対応

政府などのこれまでの対策は、個別の患者の感染経路解明や、感染者の入国を防ぐ「水際対策」が主だった。基本方針は「感染者集団が次の集団を生み出すことの防止が極めて重要」と強調し、新型ウイルスへの国内対応を大きく転換させた。

安倍首相は25日、「専門家も参画した対策チームを編成し、患者集団が発生している自治体をしっかり支援する」と述べた。政府は同日、北海道に国立感染症研究所の専門家3人を派遣し、厚生労働省に自治体と連携して対応するクラスター対策班を設置した。

基本方針は、国内の現状を「複数地域で感染経路が明らかでない患者が散発的に発生し、一部地域には小規模な患者集団が把握されている」と分析。医療機関をむやみに受診すると感染リスクが高まることや、テレワークや時差出勤を推進することを国民や企業に呼び掛けた。

患者が今後、継続的に増えた地域では、感染経路や濃厚接触者の調査を縮小し、住民に広く外出自粛の協力を求める対応にシフトする。遺伝子検査の対象も、感染の疑いがある患者から重症の肺炎患者らに切り替える。患者集団の発生時には、学校や企業の閉鎖なども求める。

患者が大幅に増えた地域では、診療時間や動線を分けた上で、一般の医療機関で患者を受け入れる。風邪症状が軽度なら自宅療養を原則とする。感染防止のため、高齢者らには電話による診療で処方箋を発行する。

地域ごとの対策切り替えのタイミングについて、厚労省は「状況に応じ、自治体と相談して判断する」と説明した。

方針のポイント

感染拡大防止策

■積極的疫学調査や濃厚接触者の健康観察を縮小する
■広く外出自粛の協力を求める
■地域の状況に応じ、患者集団への対応を強化する

医療体制

■一般医療機関で診療時間などを分けた上で患者を受け入れる
■風邪症状が軽度の場合は、自宅療養を原則とする
■高齢者らには、電話による診療で処方箋を発行する

水際対策

■医療資源確保の観点から、検疫での対応は、感染拡大防止策や医療体制に応じて運用をシフトする

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア