公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p52351

ニュース

2020年2月17日

復興総仕上げを促進

山口代表 山形のセミナーで強調

党山形県本部の政経セミナーであいさつする山口代表=16日 山形市

公明党の山口那津男代表は16日、党山形県本部(代表=菊池文昭県議)が山形市内で開いた政経セミナーに出席し、あいさつした。

山口代表は、新型コロナウイルスによる感染症対策について、政府に先立ち公明党が党内に対策本部を設置し、感染拡大防止や情報提供・相談体制などを緊急提言したことを紹介。その上で「新技術による検査の迅速化、専門家会議の設置と一般市民向けのガイドラインの策定を提案し、推進している」と述べた。

また、山口代表は、東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故の直後、福島県から同市に身を寄せた避難者を励まし、要望を聞いたことを述懐。「公明党は、現場の声を受け止め、具体的な政策を実現してきた。間もなく震災9年を迎えるが被災者の皆さんが心配することのないよう、復興の総仕上げへ手だてを講じていく」と強調した。さらに、公明党の地方と国のネットワークで観光促進による地方創生や山積する国内外の課題の克服に総力を挙げる、と訴えた。

会合には、横山信一、若松謙維の両参院議員、来賓として佐藤孝弘山形市長、土田正剛東根市長らが参加した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア