公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p5163

ニュース

2018年6月29日

コンビニの在庫品を提供

横浜市の困窮者支援
党女性委など視察

取り組みの説明を受ける党女性委とプロジェクトチームのメンバーら=28日 横浜市

公明党の女性委員会(委員長=古屋範子副代表)と食品ロス削減推進プロジェクトチーム(座長=竹谷とし子参院議員)は28日、横浜市社会福祉協議会を訪れ、市と同社協、コンビニ最大手のセブン・イレブン・ジャパンが連携し、日用品や食料品を生活困窮世帯などに提供する活動を視察した。古屋副代表と竹谷座長、佐々木さやか参院議員、市議が出席した。

古屋副代表らは、社協がセブン側から提供されたシャンプーや、お菓子など(主に店舗改装・閉店に伴う在庫品)を、各支援団体に分配する様子を見学した。品物は団体を通じて各世帯に届けられている。取り組みは今年4月から始まった。

竹谷座長は「食品ロスの削減、困窮者支援につながる取り組みだ。全国に広げたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア