公明党トップ / ニュース / p51361

ニュース

2020年2月8日

日本の力強い支援に感謝

自公幹事長に孔中国大使
一日も早い収束へ全力挙げる

孔大使(左から4人目)に中国への支援を伝える二階(同3人目)、斉藤(同2人目)両幹事長ら=7日 都内

自民・二階俊博、公明・斉藤鉄夫の両党幹事長は7日、都内の中国大使館で孔鉉佑駐日大使と会い、中国を中心に新型コロナウイルスによる感染症が拡大している問題に対し、「日本にできることがあれば、何でも支援したい」との考えを伝えた。孔大使は「日本政府から力強い支援をいただき、相互理解が進んでいる。支援に感謝申し上げたい」と語った。

席上、二階幹事長は「中国はわが国の隣国だ。中国の事態にしっかり対応するため、与党である自民党と公明党が協力し、日本政府を支えていきたい」と強調した。

斉藤幹事長は、中国湖北省から邦人らを退避させるためのチャーター機を中国側が受け入れたことに対し、「中国の特段の配慮に御礼申し上げたい」と謝意を表明。その上で、感染症の一日も早い収束へ日中両国で協力していきたいと力説した。

今春の中国・習近平国家主席の来日については、斉藤幹事長が「大成功となるよう自民、公明が結束していく」と述べたのに対し、孔大使は春の政治日程、夏の東京五輪を見据え、一日でも早く感染症を収束させたいと応じた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア