公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p5135

ニュース

2018年6月28日

水道法改正案など今国会で成立期す

自公幹事長が確認

自民・二階俊博、公明・井上義久の両党幹事長は27日午前、都内で会談し、今後の国会運営について、水道管の老朽化対策を進める水道法改正案や成年後見制度の「欠格条項」を見直す法案、洋上風力発電の導入を促す法案など国民生活に関わる法案の審議を進め、今国会で成立を期すことを確認した。

このうち水道法改正案について井上幹事長は、18日の大阪北部地震を機に水道管の老朽化対策の必要性が高まっていると指摘。「国民に関心のある法案であり、審議に応じるよう野党に求めていきたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア