公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p4995

ニュース

2018年6月24日

平和誓い、犠牲者悼む

73年目の沖縄慰霊の日
遠山、秋野、河野氏ら献花

「平和の礎」に献花する(手前右から)金城県代表、遠山、秋野、河野氏ら=23日 沖縄・糸満市

沖縄は23日、沖縄戦の組織的戦闘の終結から73年となる「慰霊の日」を迎えた。糸満市摩文仁の平和祈念公園では、県と県議会主催の「沖縄全戦没者追悼式」が開かれ、遺族や関係者ら約5100人(主催者発表)が参列した。これには安倍晋三首相をはじめ、衆参両院議長らが出席した。

追悼式に先立ち、公明党の遠山清彦沖縄方面本部長(衆院議員)、秋野公造、河野義博の両副本部長(ともに参院議員)は、党県本部(代表=金城勉県議)の代表メンバーと共に、同公園内にある戦没者名を刻んだ「平和の礎」に献花。犠牲者の冥福を祈り、恒久平和を固く誓った。

追悼式で安倍首相は米軍基地の返還や跡地利用の取り組みが進んでいるとして、「引き続き、沖縄の基地負担軽減に全力を尽くす」と訴えた。

平和の礎には今年、58人が新たに追加され、総数は24万1525人となった。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア