公明党トップ / ニュース / p49867

ニュース

2020年1月22日

認知症施策 省庁挙げて

党推進本部 20年度予算案巡り議論

20年度予算案における関係省庁の認知症施策について議論した党推進本部=21日 参院議員会館

公明党認知症施策推進本部(本部長=古屋範子副代表)は21日、参院議員会館で会合を開き、2020年度予算案における認知症施策について、関係省庁と議論した。冒頭、古屋本部長は「各省庁の施策に公明党の提言が反映された」と力説。その上で、国を挙げた施策のさらなる推進へ、与党が昨年、衆院に提出した認知症基本法案の早期成立に取り組むと強調した。

会合では厚生労働省が、認知症の人やその家族を手助けする「認知症サポーター」を中心とした支援チームが見守りや外出支援などを行う「チームオレンジ」について、各市町村での整備を進めていくと説明。認知症の人もチームに参加して支える側になったり、支援者にボランティアポイントを付与することも想定していると述べた。古屋本部長は、地方議員と連携して推進する考えを示した。

国土交通省は、公共交通事業者が認知症の人に対応するための「接遇ガイドライン(指針)」を新たに作成すると報告。法務省は、日本司法支援センター(法テラス)で実施している高齢者向けの法律相談などを説明した。会合では、文部科学省、経済産業省からもヒアリングを行った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア