公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p4967

ニュース

2018年6月23日

海底探査 国際競技で中間賞

日本のチームクロシオが最終選考へ
党海洋資源委、報告受ける

中間賞受賞の報告を受ける横山委員長(右から3人目)と古屋副代表(右隣)ら=22日 参院議員会館

公明党海洋資源開発推進委員会(委員長=横山信一参院議員)は22日、海底探査の国際競技で日本チームとして出場し最終選考に進んだ「Team KUROSHIO」(チーム・クロシオ)の大木健共同代表らから地形調査方法などについて、参院議員会館で説明を受けた。横山委員長、古屋範子副代表らが出席した。

KUROSHIOは、海洋研究開発機構、東京大学生産技術研究所などの研究者や技術者で構成されている。席上、大木共同代表は15カ国32チームが出場した国際競技で書類審査や技術評価試験を突破し、中間賞を受賞できたことを報告。今年10月からの最終競技について「水深4000メートルの深海を舞台に、24時間以内の海底地形調査が求められる、極めて難しい内容。海中ロボットなどを活用し、頑張りたい」と語った。

横山氏は「日本周辺の海底状況の把握は課題だ。先進的な取り組みを踏まえ、海底調査に関する政策を後押ししていく」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア