公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p49538

ニュース

2020年1月18日

情報収集の強化必要

浜地、秋野氏に河野防衛相「武力紛争危険ない」 
自衛隊中東派遣で衆参閉会中審査

質問する浜地氏=17日 衆院安保委(右)、秋野氏=同 参院外防委(左)

衆院安全保障委員会と参院外交防衛委員会は17日、政府が昨年末に閣議決定した、中東での日本関係船舶の安全確保に向けた情報収集態勢を強化するための自衛隊派遣について、それぞれ閉会中審査を行った。公明党から衆院委で浜地雅一氏、参院委で秋野公造氏が質問に立った。

この中で浜地氏は1月上旬、米国によるイラン革命防衛隊の司令官殺害に端を発した情勢の緊迫化に触れ、現在の中東情勢について政府の見解をただした。

河野太郎防衛相は、米国とイランの双方がこれ以上の衝突を回避する意向を明確に示していることから、「米・イラン間で武力行使が行われている状況ではないと認識している。自衛隊が武力紛争に巻き込まれるような危険があるとは考えていない」と述べた。その上で「日本関係船舶の防護を直ちに要する状況にはないが、緊張の高まりを考えると情報収集態勢の強化は必要だ」と力説した。

一方、秋野氏は、中東の緊張緩和に向けた日本の外交努力に関し、安倍晋三首相が1月11~15日、中東3カ国を訪問した意義を聞いた。茂木敏充外相は、各国と対話を通じた解決が重要との認識を共有し、自衛隊派遣に対する理解と支持も得たと強調した。

■公明の意見踏まえ閣議決定、国会報告

また、浜地、秋野の両氏は、自衛隊の中東派遣に関して、防衛相の命令だけで出動するのではなく、閣議決定を行い、国会報告を義務付けた理由を聞いた。河野防衛相は、政府一体となった総合的施策であり、海外に派遣する重要性や、国民への説明責任の明確化という観点から、閣議決定と国会報告を行うこととしたと述べ、「この際、公明党からの意見を踏まえて判断した」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア