公明党トップ / ニュース / p49214

ニュース

2020年1月13日

京都市長選に必勝期す

現職・門川氏を支援 住民福祉向上で成果 
総決起大会で竹内(譲)氏が力説

門川市長(左から2人目)必勝への総決起大会であいさつする竹内(譲)氏=12日 京都市

1月19日告示、2月2日投票の京都市長選に挑む門川大作市長を励ます総決起大会(主催=未来の京都をつくる会、立石義雄会長)が12日、同市で開催され、公明党京都府本部の竹内譲代表(衆院議員)が、「公明党は全力を挙げて応援する」と、必勝に向けた連帯のあいさつを行った。

竹内氏は、明治維新以来初の中央省庁の本格移転となる文化庁の京都移転をはじめ、子育て医療の充実、雇用創出や観光振興、環境都市としてのごみ減量、市営地下鉄・バス事業の黒字化など、同市長の3期12年間の豊富な実績を紹介。「地方自治の目的は住民福祉の向上だ。門川市政は大きな成果を上げている」と高く評価した。

また竹内氏は、こうした実績をより多くの市民に知ってもらうためにSNS(会員制交流サイト)活用を訴え、「(相手陣営を)圧倒しよう」と述べた。

門川市長は、141項目の公約や、新しい環状交通ネットワーク整備による、まちづくりを府市一体で国と連携して進めるとし、「京都の未来のため命懸けで闘い抜く」と決意を述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア