公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p49176

ニュース

2020年1月14日

未来担う若者にエール

公明 「成人の日」祝い街頭演説会 
教育、子育て支援へ全力 
山口代表ら 希望の共生社会築こう

公明党は13日を中心に、各地で「成人の日」を記念する街頭演説会を開催。新成人の門出を祝うとともに、公明党の持ち味である「ネットワークの力」「小さな声を聴く力」を発揮し、若い人たちが将来への夢や希望を実現できる社会の構築に全力を挙げていくと訴えた。

新成人に祝福の言葉を贈る山口代表(左から5人目)ら=13日 東京・葛飾区

【東京】公明党の山口那津男代表は13日昼、葛飾区で演説し、今年は全国で約122万人が晴れて成人の日を迎えたことに触れ、「若い皆さんが希望を持って多くのことに生き生きと挑戦できる社会、互いに支え合い、互いの立場を尊重し合える共生社会を、公明党は共につくり上げていく」と力説した。

若い人の希望を後押しする公明党の取り組みについて山口代表は、今年4月から始まる大学、短期大学などの高等教育の無償化や、私立高校授業料の実質無償化などの実績を強調。「これからも無償化をますます充実させ、子育ての負担を軽くしていく」と訴えた。

また、子どもを産み育てる希望をかなえるために「働き方を改革し、男性も女性も家事や育児に参加していく取り組みが重要だ。育児休業を取りやすくし、子育てへの参加を支えていく」と語った。

各地で新成人の門出祝う

「若者の声を政策に反映する」と訴える矢倉青年委員長(中央)=13日 さいたま市

【埼玉】公明党の矢倉克夫青年委員長(参院議員)は13日、党さいたま総支部(総支部長=上三信彰市議)がさいたま市で開催した「成人の日」街頭演説会に参加し、新成人の門出を祝福した。

矢倉氏は、無料Wi―Fiの整備や新婚世帯の支援など公明党が若者の声を受け実現した実績を紹介し、「若い世代をしっかり支える」と力説。党青年委員会が実施している青年との懇談会を通じて「若者の声を政策に反映していく」と呼び掛けた。

若者の課題解決へ決意を語る三浦(左から4人目)、佐々木(左隣)両氏ら=13日 横浜市

【神奈川】三浦信祐青年局長(参院議員)は13日、横浜市内で党神奈川県本部の行田朝仁青年局長(横浜市議)らと、「成人の日」記念街頭演説会を実施した。党青年委員会の佐々木さやか副委員長(参院議員)も参加した。

この中で三浦氏は、公明党が国に強く訴えたことにより、全国で最低賃金がアップし、神奈川県で1011円まで上昇していることを紹介。その上で、「若者が抱える不安の解消に向け、現場の声に耳を傾け、最前線から政治に届けていく」と強調した。

「成人の日」の街頭演説であいさつする安江氏(前列中央)と伊藤氏(右隣)ら=13日 名古屋市

【愛知】安江伸夫学生局長(参院議員)は13日、党愛知県本部青年局(局長=近藤和博名古屋市議)が名古屋駅前で開いた「成人の日」記念の街頭演説会に同県本部の伊藤渉代表(衆院議員)らと共に出席し、あいさつした。

安江氏は、公明党が若者や学生との懇談会を各地で開き、聞いた声を基に政策提言・実現をめざしていることを紹介。「これからも若者の声を政治に反映していくために全力を挙げる」と決意を述べた。

新成人と一緒に街頭演説に立つ井上副代表(中央)ら=12日 仙台市

【宮城】井上義久副代表は12日、党宮城県本部(代表=庄子賢一県議)が仙台市で開催した「成人の日」を記念する街頭演説会に出席。新成人の門出を祝福した。

井上副代表は、携帯電話の料金値下げや奨学金返済の支援策拡充など、若者の声を基に実現した公明党の実績を紹介。「若い世代が、安心して暮らせる社会の構築に全力を尽くす」と強調した。演説会では、新成人代表の守屋大輔さんと木村森音さんがマイクを握り「社会の一員として、責任を持って行動する」と決意を述べた。

さらなる教育負担の軽減へ決意を述べる石井氏(左から3人目)ら=12日 水戸市

【茨城】石井啓一幹事長代行は12日、水戸市内で党茨城県本部の高崎進代表(県議)、市議と共に「成人の日」を記念した街頭演説を行い、新成人の門出を祝福した。

石井氏は昨年10月の幼児教育・保育の無償化に続き、公明党が推進した私立高校授業料の実質無償化、高等教育の無償化が今年4月に実現すると紹介。「子育て、教育のさらなる負担軽減に取り組む」と訴えた。

新成人に向けて街頭演説を行う石川氏(中央右)と(右から)鰐淵、杉の各氏ら=13日 大阪市

【大阪】党大阪府本部(代表=佐藤茂樹衆院議員)は13日、大阪市内で街頭演説会を開催。これには同府本部の石川博崇代表代行、杉久武の両参院議員、鰐淵洋子衆院議員らが出席し、新成人の門出を祝った。

石川氏は、4月から始まる給付型奨学金の拡充などによる高等教育無償化に触れ、「安心して勉学が続けられるよう公明党が力強く推進した」と強調。その上で、2025年大阪・関西万博も見据え「若い皆さんと一緒に日本の未来を築いていく」と訴えた。

公明党の青年実績を訴える遠山氏(中央)ら=12日 鹿児島市

【鹿児島】党鹿児島県本部青年局(局長=森昭男県議)は12日、鹿児島市内で街頭演説会を開催。遠山清彦衆院議員と共に森局長、青年党員らが参加した。

遠山氏は、携帯電話の番号ポータビリティ制度や給付型奨学金など、公明党の青年実績を述べた上で、「地域の若者の声を国に届ける大切な役割を地方議員が担っている」と強調。今年4月に迫る鹿児島市議選に向け、「青年世代の声を代弁する公明議員への絶大な支援を」と訴えた。

新成人へエールを送る金城県代表(中央)ら=12日 沖縄・沖縄市

【沖縄】党沖縄県本部(代表=金城勉県議、県議選予定候補)は12、13の両日、県内各地で街頭演説会を開催した。

金城県代表は沖縄市内で新成人への祝意を述べ、「公明党は未来を開く若者を応援する施策の充実に力を尽くす」と強調した。また、沖縄、うるま両市で感染が確認されたCSF(豚コレラ)被害に言及し、「一日も早い終息をめざし、沖縄の食文化を支える養豚農家らの再建支援に党を挙げて取り組む」と訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア