公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p47479

ニュース

2019年12月15日

女性の活躍 政治をリード

各地で女性党員大会、研修会開催

公明党は14日、各地で女性党員の大会や研修会、女性議員研修会を活発に開催、女性の活躍で政治をリードする党の政策や実績を学んだ。

党千葉県本部女性局の党員大会であいさつする古屋範子女性委員長=14日 千葉市

【千葉】公明党の古屋範子女性委員長(副代表)は、千葉市内で開かれた党千葉県本部女性局(局長=正田富美恵八千代市議)主催の党員大会に出席し、あいさつした。富田茂之県代表(衆院議員)、平木大作県幹事長(参院議員)が出席した。

古屋委員長は台風19号などの自然災害を踏まえ、国が被災者の住まい確保や、なりわい再建に向けた対策パッケージを策定したことを紹介。13日に閣議決定した今年度補正予算案にも復旧や防災のための施策が反映されており、「一刻も早く現場に届けたい」と強調した。

また、一連の災害を受け、党女性委員会の連携により、各自治体の災害備蓄品に液体ミルクが導入され、大きな反響を呼んでいると述べ、「今後も女性の視点で防災対策に取り組んでいく」と訴えた。

これに先立ち、市川陽子山武市議、党員の鳥井登志子さんが活動報告した。

党大阪府本部の女性党員研修会で講演する浮島智子氏=同 関西公明会館

【大阪】党府本部女性局(局長=三浦寿子府議)の女性党員研修会が、大阪市西区の関西公明会館で開催された。研修会は府本部の全16総支部を3グループに分け実施。講師として浮島智子、伊佐進一の両衆院議員、山本香苗、石川博崇、杉久武の各参院議員が登壇した。

このうち、堺や泉州など5総支部合同の研修会で浮島氏は、インフルエンザにかかった受験生の救済措置として、追試を行う公立高校が全国各地に広がっていることを紹介。「公明党の国と地方のネットワークの力で実現したものだ」と訴えた。

伊佐氏は、公明党の長年の主張により、未婚のひとり親への寡婦(夫)控除適用が来年度与党税制改正大綱に盛り込まれたことを報告。「これからも、小さな声を実現するために全力を尽くす」と述べた。

研修会では、女性党員の代表が活動報告を行った。

党福岡県本部の研修会で国政報告を行う高瀬弘美氏=同 福岡市

【福岡】高瀬弘美参院議員は、福岡市で開かれた党福岡県本部(代表=浜地雅一衆院議員)の女性議員研修会に出席し、国政報告を行った。

高瀬氏は、来年度与党税制改正大綱で、配偶者と離婚・死別した人などに適用される現行の寡婦控除について、今回新たに未婚の人を加えたことを報告。未婚のひとり親が厳しい経済状況に置かれていることを踏まえ、子どもを守る観点から公明党が粘り強く訴え、実現に至ったことを強調した。

また、今年度補正予算案に盛り込まれた、小中学校にパソコンなどの端末を1人1台配備する事業に触れ「経済的に恵まれていない家庭の子どもにも、パソコンに触れる環境をつくっていく」と語った。

研修会ではこのほか、岡本陽子宗像市議と三宅智加子大牟田市議が活動報告を行った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア