公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p4714

ニュース

2018年6月20日

ライフライン 大きな影響

石川氏 高槻市の給水現場へ
大阪北部地震

五百住小学校の給水現場を訪れ、対応に当たる市職員から話を聞く石川氏(右から2人目)ら=19日 大阪・高槻市

公明党の石川博崇参院議員は19日午前、水道などライフラインに大きな影響が出ている大阪府高槻市へ足を運び、給水現場を視察した。地元市議も同行した。

18日の地震発生後から、同市などでは水道水に濁り水が発生。同市は58の市立小中学校で運搬給水を実施している。石川氏は五百住小学校の給水現場を訪れ、住民や対応に当たる市職員から実情を聴取。幼い子どもを連れた主婦は「いつになったら復旧するのか」と不安を口にした。

石川氏は「国へ対策を求めていく」と語った。

また石川氏は市議団らと共に濱田剛史市長らに緊急要請を行った。席上、ブロック塀が倒れ女児が亡くなったことを踏まえ、学校周辺と通学路の総点検、ライフラインの早期復旧などを要望。濱田市長は「早急に対応する」と応じた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア