公明党トップ / ニュース / p46980

ニュース

2019年12月10日

公明新聞拡大へ総力を

山本(博)氏 長崎の推進大会で力説

党長崎県本部の党員集会・機関紙推進大会であいさつする山本(博)氏=8日 長崎市

公明党の山本博司機関紙推進委員長(参院議員)は7、8の両日、長崎県内各地で行われた党同県本部主催の党員集会・機関紙推進大会に出席し、「党勢拡大の要である公明新聞拡大に総力を挙げよう」と呼び掛けた。この大会は長崎、佐世保、雲仙の各市で開催され、同県本部顧問の秋野公造参院議員も参加した。

この中で山本氏は、今月スタートした「機関紙拡大運動 集中期間」に触れ、「他のマスコミが伝えていない党の真実の姿を発信しているのが公明新聞だ」と強調。その上で「公明新聞推進は党勢拡大のバロメーター。団結して拡大に挑み、各地域で党の理解を広げていこう」と訴えた。

佐世保市の大会では下川哲郎さん、西村伸子さん、長崎市では松尾勇さん、雲仙市では馬場公嘉さんと町田学さんがそれぞれ党員を代表し、機関紙拡大や党の理解者づくりに奔走した取り組みを報告した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア