公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p4664

ニュース

2018年6月19日

大阪北部地震 公明議員、被災現場へ

地震発生直後に設置された避難所に身を寄せた市民から発生時の状況を聞く山本さん(右から2人目)ら=18日 大阪・箕面市

【箕面市】山本香苗参院議員は、震度6弱の揺れが観測された箕面市に直行。住民20人が身を寄せた避難所「メイプルホール」へ足を運んだ。

近所の女性(73)は「体験したことがないくらい部屋全体が揺れた」と振り返り、大阪大学3年の男子学生(20)は「日頃からの防災意識が役に立ち、素早く避難できた」と話していた。山本さんは「対応に全力を挙げる」と語った。

断水が起きた国立循環器病研究センターで災害派遣の自衛隊員から状況を聞く石川氏(右)=18日 大阪・吹田市

【吹田市】石川博崇参院議員は震度5強の揺れを観測した吹田市へ。電気遮断と断水が起きた国立循環器病研究センターで小川久雄理事長から実情を聴取。「院内で水を配るタンクの確保を」との要望を受けた。また、給水支援のため派遣された自衛隊員と会い、懸命の作業への感謝とねぎらいの言葉を述べた。

大規模漏水が起きた府道の状況を視察する杉氏(左)ら=18日 大阪・高槻市

【高槻市】杉久武参院議員は、震度6弱の地震で被害を受けた高槻市内を緊急視察した。

同市では市立小学校のプールの塀が倒れ、下敷きになった女児が亡くなった。杉氏は、大規模漏水が発生した同市下田部を通る府道16号を視察した後、市役所内で副市長から被害状況を聞いた。杉氏は「復旧を全力で後押ししていく」と話した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア