公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p46237

ニュース

2019年12月2日

障がい者受け入れ施設に財政支援

和歌山・橋本市長 

稲津厚労副大臣はこのほど、厚労省で和歌山県橋本市の平木哲朗市長から、障がい者や、ひきこもりの人の支援強化に向けて要望を受けた。公明党の浮島智子衆院議員、森下伸吾、板橋真弓の両市議が同席した。

平木市長は、短期入所施設など市内で障がい者を受け入れられる施設が不足している実情を指摘。地域の実態やニーズに応じた施設整備への財政支援などを求めた。

これに対し、稲津副大臣は、「着実に取り組む」と答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア