公明党トップ / ニュース / p45638

ニュース

2019年11月24日

介護職への支援厚く

三浦氏 横浜市でユーストーク

介護人材への支援充実などで要望を聞く三浦氏(左から2人目)=22日 横浜市

公明党の三浦信祐青年局長(参院議員)は22日、横浜市内でユーストークミーティングを開き、介護現場で働く若者と意見交換した。

三浦氏は、公明党の推進により、消費税率10%への引き上げに伴う増収分の一部が、介護人材の処遇改善に活用されることを紹介した。

これに対し、参加者からは「給料が上がるのはありがたい」と評価する声が相次いだ。その上で、今後、人材不足の解消につなげていく重要性が指摘された。

このほか、「女性職員に対する子育て支援の充実を」「災害時、医療的ケアが必要な人の受け入れ場所を確保してほしい」などの要望も寄せられた。

三浦氏は「処遇改善や人材確保を含め、希望を持って働ける環境づくりに全力で取り組む」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア