公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p45337

ニュース

2019年11月21日

ありがとう! 幼保無償化

お母さんから喜びの声

公明党の強力な推進で10月から始まった幼保無償化に対し、全国から喜びの声が寄せられています。子育て中のお母さんからの声を紹介します。

預かり保育も対象で助かる

札幌市 成田綾美さん

札幌市 成田綾美さん

娘を幼稚園に通わせたいと以前から思っていましたが、経済的に不安があり悩んでいました。そんな中、保育料が無償化されることを知り、今年の4月から入園。今では、娘に多くの友達ができており、毎日楽しく過ごしています。

子育てにはさまざまな費用が必要になるため、幼児教育無償化を喜んでいるママ友は多くいます。預かり保育サービスも無料で利用できるようになり、共働き世帯としてはとても助かっています。今後も公明党には、子どもを育てやすい社会のために頑張ってもらいたいです。

希望に合った幼稚園選べた

東京・北区 福田貴子さん

東京・北区 福田貴子さん

間もなく3歳になる長女が来春から、区内の私立幼稚園に入園します。わが家には1歳の長男もいるので、将来の保育料負担から通わせられる幼稚園を考えていましたが、無償化で選択肢が増え、希望に合った園が選べました。

無償化を実現させた公明党に、とても感謝しています。北区では公明区議の皆さんの尽力で、区独自の私立幼稚園の入園祝い金が8万円に倍増する予定とも聞き、二重の喜びです。

家計に生まれるゆとりを生かして、子どもたちが望む習い事をさせてあげたいと思っています。

経済的な負担軽くなり感謝

兵庫・尼崎市 落合夕子さん

兵庫・尼崎市 落合夕子さん

私には認可外保育所に通う4歳の娘と、2歳の息子がいます。娘の預け先を探していたのは、息子の出産で入院していた時でした。

娘の面倒を見ていたのは夫の両親でしたが体力的にきつく、私も出産後、仕事を再開するつもりでした。認可保育所を希望したもののかなわず、結果的に認可外保育の一つである企業主導型保育所になりました。

経済的な負担を感じていたので、今回の措置は本当にありがたいです。無償化で浮いたお金は今後、子どもがやりたいことをさせてあげられるように使っていきたいと思います。

長女の入園決める後押しに

福岡・直方市 中島妙さん

福岡・直方市 中島妙さん

私は幼い頃、経済的な事情で1年間しか幼稚園に通うことができませんでした。自分の子どもには、幼稚園で人間関係などさまざまなことを学んでほしいと願っています。今年3歳になる長女を幼稚園に通わせようと検討していたところ、利用料が無償化されることを知り、入園を決める後押しとなりました。

長女が通園を始めたことで、11カ月の次女と接する時間も増えました。また、長男の時は払っていた利用料負担がなくなった分、子どもの将来のために使うことができるようになりました。ありがたい限りです。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア