公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p45240

ニュース

2019年11月20日

安倍首相、通算在職日数が歴代最長

政権安定に与党の努力寄与 
内外の重要課題克服へ邁進 
会見で山口代表

安倍晋三首相の在職日数が20日で通算2887日となり、戦前に3回政権を担った桂太郎を抜き、歴代最長となる。安倍首相は2006年9月、戦後最年少の52歳で第1次政権を率いたが、自身の健康悪化もあり、約1年で退陣。12年12月に返り咲いてからは、1次政権の反省を生かして経済重視を前面に打ち出し、最近も安定的に高い支持率を維持している。公明党の山口那津男代表は19日午前、首相の通算在職日数が19日に憲政史上最長に並んだことなどについて、国会内で行われた記者会見で大要次のような見解を述べた。

記者会見で見解を述べる山口代表=19日 国会内

【首相在職日数が歴代最長】

一、憲政史上最長の首相在職日数が実現したことには、政権を安定させるための与党と内閣の目に見えない努力が大いに寄与している。また、在職日数が長いことは政権の安定の下、内外の諸課題、困難を乗り越えてきたことである。それが国民の安定した支持率につながっている。長期政権故に緩みやおごりが出てくるとすれば、政府・与党自ら戒めて、国民にどう貢献し、期待に応えていくかに一層努力していかなければならない。

一、(自公連立政権について)自公両党は与野党で競い合う関係が長かったが、政治の安定の下で内外の重要課題を乗り越えていく方向性を共有してきた。共に野党になった経験が、自らに厳しくする姿勢と政権を安定させる重要性への自覚を新たにする機会になった。ただ、政権の安定自体が目的ではなく、安定した政権の下で何をやるかが重要だ。今後も内外の重要課題の克服のために最大限の努力をしたい。

桜を見る会 招待基準、明確化は当然

【首相主催「桜を見る会」】

一、「桜を見る会」には公費が使われていることから、節度が大切だ。内閣として招待する人を選ぶ基準や、招待に至るプロセスの透明化を検討すると明確にした。来年は中止し、国民の理解を得ていく内閣の対応は当然であり、しっかりやるべきだ。

一、(首相の説明責任について)政治家と後援者のあり方に関しては、政治家自身が説明責任を果たすことが求められている。首相は政治家として、その説明に努力をしている最中なので、しっかりその責任を果たしてほしい。

災害から人命守る補正予算を

【今年度補正予算】

一、(事業規模について)近年、豪雨や台風による災害が続き、政府は遠因として地球温暖化を指摘している。今後の備えをしっかり行っていくことが国民の安心感につながり、結果として人命や財産の被害を減らすことになる。そうした観点に立って、どうあるべきか、政府・与党でしっかり詰めていくことが必要だ。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア