公明党トップ / ニュース / p45204

ニュース

2019年11月20日

両国関係の強化へ共に

山口代表 パナマ大使と意見交換

ペレ大使(右から2人目)の表敬を受ける山口代表(左隣)ら=19日 衆院第1議員会館

公明党の山口那津男代表は19日、衆院第1議員会館で新しく着任した中米パナマのカルロス・ペレ駐日大使の表敬を受け、両国関係の強化へ向けて意見交換した。伊藤渉衆院議員、高橋光男参院議員が同席した。

席上、山口代表は、2016年に党中南米訪問団としてパナマを訪れたことや、近年、同国への関心が日本国内で高まっていることに触れ、「ビジネスや観光で両国の人々の往来が盛んになることを期待している」と力説。来年の東京五輪・パラリンピックを契機に、「スポーツや文化を通じた交流も深めたい」と望んだ。

ペレ大使は「両国の今ある関係を維持するだけでなく、さらに強化していきたい」と意欲を示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア