公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p44214

ニュース

2019年11月13日

改良復旧着実に進めよ

新経済対策 教訓踏まえ防災力強化 
政府に対し山口代表

新たな経済対策の策定に向け意見を交わした政府・与党連絡会議=12日 首相官邸

政府と自民、公明の与党両党は12日昼、首相官邸で連絡会議を開き、公明党の山口那津男代表は政府に対し、今年相次いだ台風など自然災害からの復旧・復興の加速化や景気下振れリスクに備えた対応に万全を期すよう求めた。

席上、安倍晋三首相は、被災者の生活・なりわいの再建に向け、今年度予算の予備費を活用した「対策パッケージ」を取りまとめたと報告。山口代表は、住宅再建や営農再開、グループ補助金による中小企業の復旧支援などが「迅速に進むよう対策の丁寧な周知と早期執行を」と訴えた。

また、安倍首相は、被災地の復旧・復興や米中貿易摩擦などに対応するため、新たな経済対策の策定と今年度補正予算の編成を指示したと強調した。

これに対し山口代表は「被災前よりも防災力を向上させる『改良復旧』の考え方を基に、防災・減災、国土強靱化の3カ年緊急対策(2018~20年度)を着実に進めるとともに、今回の水害や停電、断水被害などの教訓を踏まえ、さらに対策を拡充してもらいたい」と要請。

加えて、「来年の東京五輪・パラリンピック後も見据えた持続的な経済成長へ、中小企業の生産性向上や農林水産業の活性化などの重点支援、国内消費の活性化、下支えも重要だ」と指摘した。

その上で、新たな経済対策の策定では、与党の提言を反映するよう求めた。

国政運営に緊張感持て

一方、閣僚の辞任が相次いだことに山口代表は「異常な事態だ。政府・与党は身を引き締め、一層の緊張感を持って国政運営に臨んでいきたい」と述べた。

また、2日に閉幕したラグビー・ワールドカップに触れ、「大会の成功を来年の東京五輪・パラリンピックへつないでいくために、与党も政府や自治体と心を一つにして最大限の協力をしたい」と語った。

公明党の斉藤鉄夫幹事長は、火災で焼失した首里城(那覇市)の再建に向け、「政府として一日も早い復元に責任を持って取り組むとの方向性を出したことに感謝する。今後も政府、関係自治体と連携を取っていく」と力説した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア