公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p4412

ニュース

2018年6月14日

相次ぐ豪雨 河川改修急げ

知事に緊急要請
秋田県本部

河川改修の早期実施を佐竹知事(手前)に要請する田口県代表ら=13日 秋田県庁

5月に東北を襲った記録的大雨で秋田県内に浸水被害が相次いだことから、公明党秋田県本部の田口聡代表(県議)は13日、秋田県庁で佐竹敬久知事と会い、深刻な被害をもたらした馬踏川の改修工事を早期着工するよう要請した。成沢淳子・秋田市議と同市金足福田町内会の佐藤正司会長が同席した。

馬踏川については、氾濫の危険性が高い部分をバイパス工事で改善する予定だったが、着工直前に5月の豪雨被害で氾濫し、周辺の集落に甚大な浸水被害を引き起こした。

田口代表は、豪雨のたびに馬踏川の氾濫が続いていることを指摘。「バイパス工事の予定地は既に用地買収が完了している。住民の命を守るため、一日も早く改修を完了していく必要がある」と訴えた。

佐竹知事は「国とも連携を取りながら、全力で対応していきたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア