公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p43988

ニュース

2019年11月9日

コラム「北斗七星」

久しぶりに同窓の大先輩宅へ。主人自ら台所に立ってのおもてなしに恐縮する。メインディッシュが分厚いステーキだったのには驚いた。数年前には、脂っこいものを避けた食生活を標榜していたのに。聞けば「しっかり肉を食べなさいと医者から言われた」という◆ある調査によれば、75歳以上の男女に、現在の食事内容で必要な栄養は足りていると思うかとたずねたところ、9割が「足りている」と答えた。しかし、高齢者を介護・支援している管理栄養士の7割超は「足りていない」と思っていた◆さらに、高齢者の生活や健康状態をチェックする「基本チェックリスト」(厚生労働省作成)に答えてもらった。すると、半数以上に加齢による心身衰弱の疑いがあった。気になるのは、その大半が、食事量やカロリーを取り過ぎない“粗食”が健康に良い、と思っており、実際に食事量を減らしていたことだ(ネスレヘルスサイエンス調べ)◆高齢者の健康維持についてネット上で発信する「健康長寿ネット」によると、100歳以上の高齢者は平均的日本人よりたくさん動物性タンパク質を食べている。だから「野菜や魚に偏らず、肉をしっかり摂取する必要があります」とバランス良い肉食を勧める◆「食欲の秋」だ。親しい人と楽しくお肉を食べたいものだ。(繁)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア