公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p43879

ニュース

2019年11月8日

ラオス国家副主席と会談

文化・スポーツ交流を促進 
山口代表

パンカム国家副主席(右)の表敬を受ける山口代表=7日 公明会館

公明党の山口那津男代表は7日、東京都新宿区の公明会館で、日本政府の外国人叙勲を受章するために来日したラオスのパンカム・ヴィパワン国家副主席の表敬を受け、両国間で文化・スポーツなど幅広い交流を促進することで一致した。浮島智子衆院議員、石川博崇参院議員が同席した。

山口代表は、旭日大綬章を受章されたことに祝意を表明。来年の東京五輪・パラリンピックなどの機会を生かし、日本とラオスとの交流がさらに深まることに期待を寄せた。

パンカム国家副主席は、両国の国交樹立60周年を記念した桜の記念植樹に取り組んできたことなどを紹介し、「これからも国民レベルでの交流を促進することを誓う」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア