公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p43701

ニュース

2019年11月6日

“受験生第一”で見直せ

英語民間試験巡り提言 
文科相に党部会

萩生田文科相(右から2人目)に申し入れる党文科部会のメンバー=5日 文科省

公明党文部科学部会(部会長=浮島智子衆院議員)は5日、文科省で萩生田光一文科相に会い、2020年度からの大学入学共通テストのうち英語の民間試験が延期・抜本見直しされることに関して、経済的な状況や居住地域、障がいの有無にかかわらず、等しく安心して受験できる体制の整備を求める提言を申し入れた。萩生田文科相は「真摯に受け止める」と応じた。

提言では、見直しへの検討に当たって「受験生を第一とする立場に立ち、安心して受験できるような仕組みとする」よう要請するとともに、幅広い意見が反映されるよう配慮することなどを求めた。

席上、浮島部会長は、文科省の今後の対応を注視する考えを表明。延期に伴う影響に関しては、「準備を重ねてきた受験生や保護者、関係者の影響をしっかり把握し、ケアに努めるべきだ」と強調した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア