公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p42723

ニュース

2019年10月23日

アフガン大統領と会談

文化、スポーツ通じ交流深化 
山口代表

アフガニスタンのガニ大統領(右)と会談する山口代表=22日 都内

公明党の山口那津男代表は22日午後、都内で、アフガニスタンのアシュラフ・ガニ大統領と会談し、文化やスポーツなどを通じて両国の交流を深めていくことで一致した。谷合正明国際委員長(参院議員)、浮島智子政務調査会副会長(衆院議員)が同席した。

冒頭、ガニ大統領は「即位礼正殿の儀」を無事終えたことへの祝意とともに、参列に謝意を表明。台風19号による被害に対し、お見舞いを述べた。

日本との関係については「仏教を通じた長い交流があり、日本からのさまざまな支援に感謝したい」と語り、交流分野をさらに広げ、関係を強化していきたいと強調した。

山口代表は、ガニ大統領の訪日を歓迎。地雷除去に向けた日本の協力を探るため、2004年に同国のカブールを訪れたことを紹介し、「安全な環境を整えていくことが、アフガニスタンでの日本の多くの支援につながっていく」と力説。これに対しガニ大統領は、地雷除去が進んだことに加え、女子教育や、医療、農業分野などでの日本の支援に感謝を述べた。

今後の交流拡大に向けて山口代表は、来年の東京五輪・パラリンピックでのスポーツや文化・芸術分野の活発な交流に期待を示し、「両国関係を一層深めていくために公明党としても支援していきたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア