公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p42616

ニュース

2019年10月20日

数字で見る政治

77.1% 
◆学校エアコンの設置率 
公明が推進。年度末には9割へ

全国で公立小中学校の普通教室へのエアコン(空調)設置が急速に進んでいます。

文部科学省の調査によると、9月1日現在で設置率は前年比19.1ポイント増の77.1%。同省は、今年度末までに設置率が9割に達すると見込んでいます。

記録的な猛暑が続いた2018年夏、多くの子どもが熱中症にかかり、小学生が亡くなる事故も起きました。また、同年9月時点での普通教室のエアコン設置率は58%にとどまっており、公明党は緊急対策を講じるよう政府に要請。これを受け、政府は18年度第1次補正予算でエアコン設置に向けた費用822億円を計上し、従来は約33.3%~51.7%だった地方自治体の実質負担率が26.7%に抑えられることになりました。

さらに、公明党は電気代など維持費の助成も訴え、19年度予算では光熱費69億円が確保されています。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア