公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p42387

ニュース

2019年10月17日

生活再建 強力に支援

山口代表、堤防決壊した長野市へ 
住民見舞い、要望聞く 
台風19号禍 浸水被害1万5000棟超

浸水被害が発生した地域を訪れ、住民を見舞う山口代表(中央右)ら=16日 長野市赤沼

台風19号による記録的大雨で、東日本を中心に浸水被害を受けた被災地の生活再建やインフラ復旧は時間がかかる見通しだ。床上浸水などの住宅被害は1万5000棟を超え、停電や断水も続くほか、橋の流失で運転を見合わせる鉄道もある。16日現在、犠牲者は12都県で79人。福島や神奈川など6県で計10人の行方が分かっていない。公明党の山口那津男代表は16日、早期復旧と被災者の生活再建に向け、千曲川の堤防が決壊した長野市を視察し、浸水被害に遭った住民らを見舞った。

視察には、党長野県本部の太田昌孝代表(衆院議員)、山本香苗参院議員、加藤康治県議、勝山秀夫市議が同行した。

千曲川の決壊現場を視察する山口代表(右から2人目)ら=16日 長野市穂保

山口代表はまず、豪雨で堤防が約70メートルにわたって決壊した地点へ。辺りでは、濁流にのまれたリンゴ園の木々が茶色く染まり、道路も乾燥し始めて土ぼこりが舞う。重機を使った応急の復旧作業が急ピッチで進められており、国土交通省北陸地方整備局の担当者は「一両日中には堤防を復旧させたい」と説明した。

次いで山口代表は、浸水被害が広範囲で発生した同市赤沼に足を運び、自宅の後片付けに追われていた村上光一さん(77)、満江さん(73)夫妻の話に耳を傾けた。

割れたガラス片、泥まみれの畳や家財道具などを前に、光一さんは「まさか自分たちが災害に遭うとは……。本当に恐ろしかった」と力なく語った。夫妻が着の身着のままに身を寄せている避難所には、女性の職員が配置されていないといい、満江さんは「下着のことなどは相談できなかった」と改善を切に望んだ。

山口代表らは、党のネットワークできめ細かく手を打つと約束し、「皆さん、お体を大切に。私たちも全力で頑張りますから」と力強く励ました。

この後、山口代表は、市役所で加藤久雄市長と会い、被災企業の再建策や、リンゴなど農林水産業の再生に関して要望を受けた。

視察を終え、山口代表は「被災者の生活再建に向け、ニーズ(要望)に合わせた支援の手が届くよう力を入れたい。今回の災害を検証し、今後の防災対策も前に進める」と力を込めた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア