公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p42030

ニュース

2019年10月11日

企業研究者への支援重要

日本人の連続受賞に祝意 
吉野氏ノーベル賞で山口代表

中央幹事会であいさつする山口代表=10日 党本部

公明党の山口那津男代表は10日午前、東京都新宿区の党本部で開かれた中央幹事会であいさつし、今年のノーベル化学賞に吉野彰・旭化成名誉フェローが選ばれたことについて、「2年連続で日本の研究者が受賞するのは、大いに喜ばしい。明るい話題だ」と述べ、祝意を表した。

山口代表は、企業研究者による研究成果が実用化、大きく国際展開された点に関し、「日本ならではの特徴だ。もっと成果が上がるよう支援していくことが大事ではないか」と指摘した。

さらに、吉野氏が開発したリチウムイオン電池について、再生可能エネルギーの蓄電などに使われる可能性に触れ、「電力資源に乏しい日本が、こうした所で活路を見いだせれば、大きな国際貢献にもつながるのではないか」と期待を寄せた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア