公明党トップ / ニュース / p41765

ニュース

2019年10月6日

一日も早い生活再建へ

党愛知県本部 台風被害で募金に協力

真心の支援を呼び掛ける伊藤県代表(左から2人目)ら=5日 名古屋市

「令和元年台風15号千葉県災害被災者を支援する愛知県民の会」(荒木清寛会長)は5日、名古屋駅前で街頭募金を行った。公明党愛知県本部の伊藤渉代表(衆院議員)や、里見隆治、新妻秀規、安江伸夫の各参院議員と市議らも参加し、通行人らに協力を求めた。

伊藤県代表は、台風15号による暴風雨で約3万5000棟の住宅が被害を受けたことなど被災地の窮状を力説。「本格的な復旧はこれから。一日も早い生活再建へ、皆さまのご協力を」と真心の支援を呼び掛けた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア