公明党トップ / ニュース / p41107

ニュース

2019年9月28日

コラム「北斗七星」

タイムマシンで過去に戻れるとしたら、あなたは何をするだろう? 楽しかった頃に戻るだろうか。後悔していることをやり直すだろうか◆緩和医療医の大津秀一さんは、患者が語る後悔に耳を傾けてきた。何百人もの話を聞き、書いた本が『死ぬときに後悔すること25』(致知出版社)◆健康を大切にしなかったこと、たばこをやめなかったこと、やりたいことをやらなかったこと、他人に優しくしなかったこと、故郷に帰らなかったこと、会いたい人に会っておかなかったことなどの25項目。したことの後悔よりも、しなかったことの後悔が多い。著者は「やり残したことを作らないために、健康なうちからやるべきことを全てやってしまおう!」と呼び掛ける◆何かをするには勇気や決意がいる。しない方が楽だ。しかし、しなかったことはやがて後悔を生む。したことは、成功すれば良し。失敗しても、次への教訓として生きる◆北斗子が地域の混声合唱団に入ったのは2年前。入る前は、音痴の初心者がやっていけるのか不安だった。練習会場の扉を初めて開ける時、胸がどきどきした。勇気を出して開けて良かった。多くの友ができた。ボランティアへの扉も開かれ、老人施設で歌う。合唱はいい!◆タイムマシンがあったら、子ども時代に戻って音痴を治したい。(直)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア