公明党トップ / ニュース / p40871

ニュース

2019年9月25日

10月スタート 消費税10%・軽減税率Q&A

社会保障給付費の見直し

Q なぜ10%に引き上げるのか?
A 生活を守る社会保障の維持・充実に必要。将来世代に借金のツケを回さない。

消費税率引き上げの目的は、安心の生活を守るために欠かせない年金や医療、介護、子育て支援といった社会保障制度を維持・充実させるためです。

社会保障制度は、保険料だけでは維持できず、国の借金によって支えられています。少子高齢化を背景に国の社会保障給付費は、2018年度で121兆円に上っていますが、高齢者人口がピークを迎える40年度には190兆円程度にも膨らむ見通しです。国の借金を増やすことは、将来世代にツケを先送りすることにほかなりません。それを避けるためにも、消費税率引き上げは必要です。

社会保障制度の維持には、その財源も安定していなければなりません。所得税や法人税は景気が悪くなれば税収が落ち込んでしまう弱点があります。景気に税収が左右されない消費税10%への引き上げは「社会保障制度を維持するための安定財源であり、混乱なく実施しなければならない」(12日付「読売」)のです。

今回の消費税率引き上げでは、増収分の使途を変更。高齢者に加え、子どもや現役世代への支援も充実させる「全世代型社会保障」へと転換します。

その柱の一つが10月から実施される幼児教育・保育の無償化や、保育の受け皿拡大です。来年4月からは、所得が低い世帯の学生を対象に大学など高等教育の無償化もスタートします。いずれも公明党が強く実現を求めていた政策です。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア