公明党トップ / ニュース / p40763

ニュース

2019年9月23日

地方政治に責任果たす

斉藤幹事長が強調 秋田で臨時県本部大会

「党勢拡大へ、全力で闘おう」と呼び掛ける斉藤幹事長=22日 秋田市

公明党の斉藤鉄夫幹事長は22日、秋田市内で開かれた党秋田県本部の臨時大会に、若松謙維、塩田博昭の両参院議員と共に出席し、あいさつした。

この中で斉藤幹事長は、先の参院選で示された公明党への期待に触れ、「日本と世界における公明党の役割が重くなってきている」と強調。中でも、人口減少が進む秋田県をはじめ、「地方政治で公明党が果たすべき責任は非常に大きい」として、政策実現に向けて「党一丸となって働いてまいりたい」と訴えた。

大会では、松田豊臣県代表(県議)をはじめ、新たな執行部が選出されたほか、佐竹敬久知事が祝辞を述べた。

松田県代表は、「安心と喜びを感じられる秋田をめざし、さらなる党勢拡大へ全力で闘い抜いていく」と新任の決意を披歴した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア