公明党トップ / ニュース / p40648

ニュース

2019年9月21日

被害農家の経営支えよ

党対策本部など農水相に要請

江藤農水相(右から2人目)に要請する党対策本部のメンバーら=20日 農水省

公明党の豚コレラ対策本部と農林水産部会は20日、農水省で江藤拓農水相に対し、関東地方でも発生が確認された豚コレラの感染拡大を防ぐ対策の充実を図るよう申し入れた。石田祝稔政務調査会長も同席した。

席上、石田政調会長らは「一刻も早く(豚コレラを)封じ込める必要がある。養豚農家が安心して経営を続けられるよう対策を」と強調。豚へのワクチン接種の検討を進めるとともに、食肉の安全性について正しい情報の周知に万全を期すよう求めた。被害農家の早期の経営再開に向けた相談体制の充実や、農場防護柵の設置といった衛生管理の強化なども要請した。

江藤農水相は「要望を受け止め、しっかり取り組む」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア