公明党トップ / ニュース / p39766

ニュース

2019年9月6日

てんかん新薬 承認早く

大麻成分含むが難治性に有効 
大口副大臣に患者家族会など

大口副大臣(中央右)に要請する4団体のメンバーと、山本(右から2人目)、横山(右端)の両氏=5日 厚労省

大口善徳厚生労働副大臣(公明党)は5日、厚労省で、ドラベ症候群患者家族会(黒岩ルビー会長)など4団体から、難治性てんかんに有効とされる大麻成分含有治療薬の早期承認を求める要請を受けた。大口副大臣は、国内での臨床試験(治験)は可能との認識を示した上で、「大麻取締法や国際的な議論の動向を踏まえ、対応を検討したい」と述べた。

黒岩会長らは、大麻成分含有の治療薬について「米国や韓国などでも承認されている」として、早期承認を求めた。

要請には、公明党てんかん対策推進プロジェクトチームの山本博司座長と横山信一事務局長の両参院議員が同席した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア