公明党トップ / ニュース / p39765

ニュース

2019年9月6日

各国の伝統 未来へ継承

浮島副大臣 博物館の役割強調 
和歌山でICOM関連行事

博物館展示品の「さわれるレプリカ」制作の実演を視察する浮島副大臣=5日 和歌山市

浮島智子文部科学副大臣(公明党)は5日、和歌山市の和歌山県立博物館などで開かれた国際博物館会議(ICOM)京都大会の関連イベントに出席し、あいさつした。

イベントはICOM内の組織「教育・文化活動国際委員会」が開催し、各国で博物館教育に携わる博物館職員や大学の研究者など約100人が参加した。あいさつの中で浮島副大臣は、自身が国会質問でICOMの大会の国内誘致を提案した経緯に触れ、参加者を温かく歓迎。「世界各国の人々が博物館に学び、これからを担う子どもたちが伝統を未来につなげていける大会に」と述べ、成功に期待を寄せた。

浮島副大臣は参加者らと共に同博物館内も視察。展示物の形状を視覚障がい者に分かりやすく伝えるため、「さわれるレプリカ(複製)」の制作に取り組む同県立和歌山工業高校の生徒らと懇談した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア