公明党トップ / ニュース / p39683

ニュース

2019年9月5日

地雷被害者 支援強化へ

日本の医療技術活用に期待 
山口代表、国連対策部長と懇談

マカイユ部長(右から2人目)と懇談する山口代表(左から2人目)ら=4日 衆院第1議員会館

公明党の山口那津男代表は4日、衆院第1議員会館で、来日中の国連地雷対策サービス部(UNMAS)のアニエス・マカイユ部長と懇談し、地雷除去や被害者支援で日本が果たす役割などについて意見を交わした。谷合正明参院議員が同席した。

席上、マカイユ部長は、近年、イラクやシリアなどの紛争地域でわなとして仕掛けられる「即席爆発装置」(IED)の被害者が増えていることなどを説明。地雷対策について、除去などに加えて、被害者への支援を強化する必要性を訴え、「日本には最先端の医療技術を活用した支援を期待している」と語った。

これに対し山口代表は、「地雷の被害者に医療的な支援や社会参加を促すことは日本が活躍できる可能性の大きい分野だ」との認識を表明。人工知能(AI)やロボットを使用した介助などでも日本が協力できるよう後押しするとの考えを示した。

今後の地雷対策については「新たな地雷の使用やIEDの脅威、被害者支援が不十分などの課題を日本の国民に知ってもらい、日本にふさわしい支援に取り組む必要がある」と強調した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア