公明党トップ / ニュース / p39551

ニュース

2019年9月3日

消費税対策 万全期す

軽減税率、ポイント還元、円滑実施を 
九州北部大雨 被災者支援に力尽くせ 
政府に山口代表訴え

消費税率引き上げへの対応に万全を期すことを確認した政府・与党連絡会議=2日 首相官邸

政府と自民、公明の与党両党は2日昼、首相官邸で連絡会議を開いた。席上、公明党の山口那津男代表は政府に対し、実施まで1カ月を切った消費税率10%への引き上げに向けた対策について、景気の冷え込みを防ぐ万全の準備を要請。また、九州北部で甚大な被害をもたらした記録的な大雨による被災者への支援に総力を挙げるよう求めた。

消費税率引き上げへの対応で山口代表は、消費者の痛税感の緩和へ軽減税率の円滑な実施に全力を尽くしてほしいと要請。中小の小売店などで電子マネーといったキャッシュレス決済を行うと金額の最大5%がポイントとして還元される制度についても、準備に万全を期してもらいたいと訴えた。

また、消費税率引き上げに合わせてスタートする年金生活者支援給付金を受け取るには、申請手続きが必要なことから「対象者に漏れなく給付が行き届くよう地方自治体や関係機関と連携し、周知徹底に努めたい」と力説した。

安倍晋三首相は、「十二分な対策を漏れなく実施することで、消費をしっかり下支えしていく」と述べた。

九州北部を襲った大雨被害への対応で山口代表は、台風シーズンに備え「引き続き土砂災害、河川の氾濫などに厳重な警戒が必要だ。命を守る対策に万全を期すとともに、被災者の支援に総力を挙げてもらいたい」と強調した。

先月公表された、公的年金の給付水準の見通しを示す財政検証の結果については、標準的な経済成長のケースで所得代替率(現役世代の手取り収入と比べた年金額の割合)が改善したことに触れ、「自公政権による経済政策の成果が年金財政にもプラスに寄与している」との認識を表明。

厚生年金の適用拡大など制度を見直した場合の試算も示されたことを踏まえ、「これも参考にしながら、人生100年時代を見据えた議論を幅広く進めていく」と力説した。

8月下旬にフランスで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)に関して山口代表は、北朝鮮問題やイラン情勢への対応で各国の結束を確認できたことを評価した。

日米貿易交渉の協定署名に向けては「わが国の国益を守り、日米双方の利益となるよう詰めの交渉を進めてほしい」と述べた。

首相、来週の内閣改造を表明

一方、安倍首相は、先の参院選結果を踏まえ「約束した政策を一つ一つ実行し、さまざまな課題に挑戦していくため、来週に内閣改造を行い、安定と挑戦の強力な布陣を整えたい」と表明した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア